サポニン (saponin) とは、ステロイド、ステロイドアルカロイド(窒素原子を含むステロイド)、あるいはトリテルペンの配糖体で、水に溶けて石鹸様の発泡作用を示す物質の総称で、発泡作用と乳化作用が特色です。多くの植物の根、葉、茎に多く含まれています。また漢方薬などの生薬にはサポニンを含むものが多いです。

サポニンは天然の界面活性剤です。「界面活性剤」と言うと危険なイメージがありますが、固形石鹸も界面活性剤で人体には無害です。

サポニンを含む代表的な植物

  • 大豆サポニン
  • ユリ科サボテンサポニン(中南米)
  • キラヤサポニン(チリ、ボリビア、ペルー)
  • ユッカサポニン(北米、メキシコ)
  • アロエサポニンアフリカ、中国、日本、メキシコ)

アロエサポニンとはアロエより抽出されたサポニンです。

  • キュラソーアロエ(西インド諸島)
  • メキシカンアロエ(中南米)
  • アロエベラ(中南米)
  • キダチアロエ(中国、日本)
  • ケープアロエ(アフリカ)


▲ケープアロエ

日本薬局方に指定されている漢方薬サポニンは、ケープアロエだけです。

ケープアロエは腸内細菌を活発にし、排便促進効果があるが、薬局方には「大腸性下剤として常習性便秘に用いられています。緩下作用は常習量で服用後8〜12時間後に現れます。大量に服用するのは注意を必要で、ケープアロエには、傷の治癒促進作用もあります。

■ベストエイド総販売元・お問い合せは■

〒556-0016 大阪市浪速区元町1丁目4番18号
TEL.06-6633-1151 FAX.06-6643-6113

E-mail : info@daimaru-bio.com


(営業時間AM10:00〜PM6:00)